2008年6月19日 (木)

はじまりのおわり

ということで、本日、今から入院します。

どうにか、書き上げることが出来たかな。
5月後半は、実家に帰って、ついに母に告げて・・・そのときの、いかにも「親子」の、いろいろ面倒な部分もあったが、それはまた別の話(これこそ、ドラマとして、描きたいと、そのタネにしたいと思います)

で、ともかくも手術を決めて、はたして、それで正解なのか、治るのか、悪くなるのか、わからないが、オレとしては珍しく、決めた後もいろいろ悩んだのだが、、気がつきました。

どっちか、わからない。わからないけど、一度、決めて、徹底的に疑ったら、あとは、それを信じ、通すために、一心に、それにむかって、諦めないように、何かに向けて努力すればいいんだなぁと。

だから今回は、手術を決めたら、後は手術日を漫然と待つのではなく、その中で出来ること、たとえば、ブログ方面なら「ちゃんとブログを書き上げる」ってことが、自信にもつながるのではないかと。

で、一応、書き上げてみた。はたして、どうだろうか。私自身の気持ちとしては、整理できた。


で、最後に

当初、またもや、手術か。という事実に対して「生き残る。死ぬはず無い」っていう自信は、今回は起きなかった。前回の手術は、失敗なんて、死ぬなんて、絶対にありえない。と、自信満々で手術を受けれた。
しかし、今回は、そんな自信はない。

欲望がないと、生きる気がないと、生き残れない。気力が持たない。と、言う。実際に、そうだろう。理論だけでは、どうにもならない部分が、気力の部分があるのはたしかだ。

で、、今現在の気持ちと言えば、ブログを、それなりに書き上げ、すっきりした気持ちで

 あ、オレってまだまだ書こうと思うこと、書きたいことあるなぁ と。

だから、その「書きたい気持ち」・・・・・・書くことを実現するために、生きてみようとおもった。
すると、ちょっと、手術が、怖くなった。

ということで、行ってきます。 始まりの、終わり、、である。


 次はなにが始まるのか。楽しみだ。

2008年6月15日 (日)

こちらをご覧の皆様へ

読み方について

ってことで、今回、∀するにあたって、時系列に並び替えることにしました。
具体的には、ブログに「書き足す」ことにしました。大量に「追加エントリー」してってます。
ので、こちらのアーカイブより、お読みください。

4月のアーカイブへ

で、影絵の舞台(未公開メモ)と人形(公開ブログ)を、見やすくするため、
 公開ブログ=リアルタイムってカテゴリと
未公開メモ=ってカテゴリを作ってみました

でもまぁ、4月のアーカイブを読んでけば、分かるように作ってます。

ってことで 08年4月へ、ターイム、ぼかーん!

あ!どうやら携帯で見ようとすると4月にタイムスリップできないみたいです。
携帯の方は素直に 6を押して 「次へ」で、4月にさかのぼってください。でわ!

再度のまとめ ∀(ターンA )

5月20日のエントリーに『纏めてみる』ってのがあるが、これをお借りして^^;再度、富野っぽく再構築してみる。

(以下は、かなり書き足してます)

2008年5月20日 (火)
纏めてみる

16日付で、ひとことかいてまんな。「タイトルかえてみました」

しかし、タイトル自体は、たしか、4月の、かなり早い時期に変えた気がします。
たぶん、5日か6日。には「へぼんじんの〆切人生」に変えた気が。

ってことで時系列に並べてみよう!

まず
3月27日(木)
カツカレーを食べ、ビールを飲み、コテッと寝る。
年度末&月末、そして来る日曜日30日は日曜出勤。

そういうのもあり、週末の木曜日、ビールで酔って、コテンと寝て、少しでも疲れを癒そうと…そしたら寝違えたのか、翌朝から痛い。

3月28日金曜日
痛いと思いつつも「ま、これまでも、こーゆー寝違いって、ちょくちょくあるし、だから下手に首を動かして、更にひどくなるより、そっとしておこう」と思う。

3月29日土曜日
明日が日曜出勤なので、洗濯をしつつ、なんだか、少し治った気もするも、首が痛いはずなのに、なぜか左手…肘が痛い。時には、きゃんっ!って言っちゃいそうなくらい。
これはどうしたことなのか?いつもなら3日で治るのに??

3月30日(日)日曜なのに仕事
雨で日曜なのに、仕事。しかも力仕事。肩と首が、まだ違和感。なんだかなぁ~と思いつつも、まぁ、動かせる。痛いけど。
寝違えの上に、力仕事だから、まぁ、そんなもんだ!治りは遅いだろ。と思ってる。

3月31日(月)4月1日(火)
仕事するも、痛い。さすがに変なんでサロンパスなどを貼ってみたり。
首が痛い・・・はずなんだが、左腕、特に上腕が痛い。なんなんだ?この痛みは?
あまりにも痛いので、だんだん腹が立ってきて、痛いのにわざと力を込めてみたりする。
痛い!痛い!
「ちくしょー!痛いけど、一度は心臓を取り出したことあるんだよ!こんな痛み、屁でもねぇ!」と、「痛み」に怒りをぶつけてみたり。

自分のポリシーに反するも「イテテテテテ!」と声を上げたり。

実は私、「痛い」って口に出して言うの、そして七転八倒するの、嫌いなんです。
前の入院中も、病院でよく見た。「痛い」って叫ぶ人。

あと現在の仕事でも、よく電話がかかってくる。「痛い痛い痛い痛い!」って。
しかし「痛い」ってヤミ雲に言って、言ったら痛みが治まるなら、言うけど、
ちっとも痛みは取れないのに、「痛い」を連呼しても、意味ね-ぢゃん!
ただの自己主張・自己満足ぢゃん!と思う。だから「痛い」なんて言わない!と思ってた。

が、ついに声に出して言ってみた。
すると、不思議、ほんの少しだが、スッキリした。
痛みを我慢するってのは相当ストレスが貯まるのね。忘れてたよ。そんなこと。

4月2日(水)さすがに痛くて早引け
毎度毎度の月初めの忙しさ。水曜日。
この間、ずっと痛さと格闘を繰り返してた。
が、治らんですよ。日に日に痛くなるばかり。
もう左腕を動かすだけで痛い。しかも勝手に左手が、ドックンどっくん!勝手に動く。
オレの制止も聞かず。

ってことで、水曜日、ついに忙しいさなか、病院に電話をかける。
「寝違えかも…しかし、それだけではない痛みが。これってどこに診せたらいいですか?」
答えは形成外科。
そして「第二章へのプロローグ」へと続く。

その前に

今の気分を偽りなく言えば
感傷的でもない。
一方で、短絡的に、どうせ戻ってくる!生き残る。とも思っていない。

実は、前の手術では「感傷的」であり、かつ「短絡的に生き残る」と思っていた。
だが、今回は違う。もっと複雑な物を感じる。「人生」ってものを感じる。
なにが正解なのか、どれが答えなのか、全然、分からない。確実な物など無い。
だからって、不安になったり、、そういうのもない。

それは、まだ「死」が確定ではないから。
(行き着く先が「絶対的死」しかなかったら、それはそれで、大変怖いだろう)

なにかを決めて進むから、なにかが起こる。それが良いことなのか、正しいことなのか、悪いことなのか、間違った方向なのか。

それは分からない。今の時点では。
しかし、それでも、それは「自分が決めたこと」である。
少なくとも、今回の件に関しては「誰かに強制されて」決定した物は一つもない。

全ては自分が決めた物なのだ。そしてすでに腹は据わった。後は進んで、結果を受け入れるだけである。
ともかくも、穏やかな感じである。
そんな気分で、纏めていく。

終わりの始まり

ってことで、現在6月15日の零時ちょっと過ぎ。
入院が19日なんで、あと4日か。
ともかくも、どーしてこの日を迎えたのか。
そんでこの数ヶ月間、どんな気持ちだったのか。ってのを振り返るべく・・・なにかしら残しておきたく・・・

ブログにチマチマと書く予定だったが生来の怠け者癖で、結局、ブログは尻切れトンボなんで、(手術4日前の)ここに来て^^;慌てて一気に書く。

ってことで、さっそく振り返るのだが…


・・・実はブログ意外にもメモとして、日々チマチマ書き溜めてるものがあった。
これは自分用の「メモ」で、他人に見せない物。

んで、今回、「振り返り」を書く上で、メモを一気読みしてみた。そしたら心の変遷がすごく見えてきた。

しかも、尻切れトンボに終わっているブログ・・・と重ね合わせると、影絵の人形と背景みたく、ピタッと一つの絵になった。
(なおかつ、なぜ「ブログは尻切れトンボ」だったのか?も見て伺える)

ので、今回は、恥ずかしいのだが、その「未公開メモ」を公開しながら、振り返っていきたいと思う。

2008年5月31日 (土)

終わりゆく

ということで、5月終わり。
6月は、まぁ、それでも告知だけで終わってる。

ってことで、最後のあいさつ「はじまりのおわり」

2008年5月26日 (月)

何かを決めたら、、

08.5.26 7:39

たぶん、手術の日までずーっと

 してよかったのか・・・
もしかしてオレは逃げたんじゃないか?

んー そのことによって、

 なんて、いろいろ・・・

ずっと悩むんでしょうね。答えは出ないし

答えはわからないし、もう、決めたことだし、そっちに信じるしかないって事よ

08.5.26 7:41

もしかして、こうやってなやむけど その 手術の当日までにな何かを

そうですね。あのブログにちゃんと思いを載せれたら 変わるのかもしれない

こうやって自分自身との問いかけの中で、何かを見つけて

え~じゃあそれをやってみようと・・・

そーゆーことかもしれませんね。

続き

このまんま、手術までなにもしないってことだったら、

(これまでと)一緒かもしれない うん

2008年5月16日 (金)

楽しいからこそ

2008/05/16 23:44

楽しいからこそ

体の痛みがあるからこそ

一瞬、一瞬の楽しみが

凄く大切で
凄く楽しい

痛いからこそ

一時が大切

2008年5月12日 (月)

判定の日 入院を決める

判定をきいた。間違いなく「後縦靱帯骨化症」だった。
まだ初期の段階。

手術するには、まだ早い。
しかし、痛みと、首へのショックをずっと気にしながらの生活は、ちとイヤだった。
さっさと治るのなら、早く治してしまいたい。
ってことで、手術をお願いすることに。
6月24日手術、入院は19日と、なった。

以下は、携帯に吹き込んだ声。

☆声☆

08.5.12 11:21
果たして、どっちが正しい決断か

リハビリを続けていくことなのか、手術なのか、どれが正しいかなんて分かりませんね。
今の状態では。

実際、こういう事なんだと思いますよ。前の手術は
「それ、しないと、もう死んじゃいますよ」と、ある意味、切羽詰まった状態。

今回の方は、自分の責任の方が大きいわ

リハビリしていったら、それはそれで、また治るかもしれんし、治らんかもしれん

手術したら、痛みが取れるかもしれんし、まぁ、もしかして、しくじることもあるかもしれん

果たして、どちらが良いかってのは、最終的には、自己責任ですなぁ。

重いねぇ- 難しいわ!


☆声☆
08.5.12 11:50
手術っていうものを、オレ、すごく過信しているのかも、しれませんなぁ

☆声☆ 08:5:12 17:36

自分が選んだことは、どんなに失敗しても、
どんなに間違っていてても、
それは、それだけで、価値があることなのよ by葛城ミサト@エヴァ
だったかしら

か、今のオレにはキくぜ!

☆声☆

08.5.12 17:41

実際、こーなってくると、ガゼン、人を悲しませちゃいかんな!という気になってきました。
そして人を楽しませる・・・ ために 生きるって気になってきました。
ってか、治る気って言うんですか

これは母に対して、でも、ですし

好きな人に対してでも、です。
助かる気になってきました。

はい!自分のためじゃねーや!

☆声☆

08.5.12 17:49

誰かのために とか思い始めると、がぜん、生きる気になってきます。
不思議なもんですね。

やっぱり人は人がいないと、

他人との関わりの中でしか 生きていけないってのは、このことだと思います。

☆声☆

08.5.12 15:17

結局、なんちゅーか、やっぱ、寂しいのかねぇ。
ついつい、 なんてか 喋りたくなるっていうか

ねー 不安がられたいわけじゃないんだけれども、

もうすでに、腹は決まっているんですけど、

それでも、なんか、しゃべりたいな!

こーおもっちゃったよー!っていうのを、

なんでしょうね

「心配して欲しい」 ・・・んじゃなくて

あ!もしかして

こうやって、オレはやれるようになったぜ!って。ゆーのが、それを伝えたいというか、
話したい。
自分の身から放したいって、確認したいって、そーゆープラス思考って

そーゆう はなしっていうも、自己満足の話も、あるのかも、ですな

だれかに頼るのではない。もたれ合うのではなく、周りにいる人のために、ちゃんと自分の立場をちゃんとやっていく。するとちゃんと自分の立ち位置がわかると思う。
そして、まわりのみなさんが色々と気を遣ってくれてることも。
だから、それにちゃんと「自分」として、応えていこう。それがずっと続けられたら、いいな。

2008年5月 9日 (金)

自制できてる

引用メモ

08/5/9 21:54 59秒

すべてを悟りきったときの自分の支配感と、気持ちよさ感
自分が自分を好きに支配できてる感じが、気持ちいいのかもしれない。

もう、怖がることはない。座して結果を待つのみ

ホント、悟ってるなぁ

怖がるわけでなく、感情に流されるわけでもなく、落ち着いた気持ち。
自分が自分をちゃんとコントロールできてるなぁと感じる。

より以前の記事一覧

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ