しなりお

2007年1月24日 (水)

書けてませんよ。

書いてないなぁ~シナリオ。書かないと進めないんだが。

ともかく書かないと上達はしない!これ正論。

が、そうもスラスラと書けない、書きっぱなしができない、これも一理

丹誠込めて が本当。しかしそれが来るのを待っててもダメ。来るように苦しんでるつもりだけど、それだけでは甘い。

うーむ、書きっぱなさず、尚かつ、枷として書くことに集中しないとダメか。

しかも、、、『面白いもの』じゃないとね。

あうわー。

2007年1月10日 (水)

不器用人

シナリオってのは、キャラが面白くないと書けないのよね。としごく当然、当たり前、つーかちょい前も同じ事書いてるヤン!なことを再認識した。

ってのは今回、手を抜いて以前書いた、ものを焼き直そうと、、^^;遅れに遅れているスケジュール(自分の中の締め切り)を少しでも早めようと、ついつい、以前書いた物を焼き直そうとしてた。
しかし、うまく繋がらない、というか上手く頭の中で広がらない。
なぜか?と考えると、そりゃ『書き上げる』ことが一番に来て『面白さ』=シナリオの質、ってなものが頭の中から、抜けてたからだ。
だから、進まないようで。

しかしなぁ、この考え方、この頭の進み方は、良いとは思うのだが、こと、これが仕事、、に、、万が一、なった場合、怖いなぁ。自分が納得しないと、書けないのか?俺。

そんな、偏屈じゃないと、思ってたのに^^; 面白さ二の次で書いていける人になりたいと思ってたのに。

まぁでも良いや。まだまだ『他人が見て面白い』シナリオなんて、書けてないので^^;
未だ、自己満足の世界です。 ーー;

2007年1月 7日 (日)

雪が本当に降ってる

雨が降り続いて、洗濯ができんです。今年初の洗濯なんですが…今朝なんて雪が降ってビックリしたです!

ってことでシナリオで雪をテーマ書かないといけないんで、ホンマもんの雪は有り難いですがねぇ。

えーっとねとらんに載ってた漫画のサイト『ほのぼの日常漫画のコ~ナ~』
面白いです!もちろん?^^;;; 雰囲気だけでちょっとドラマ性に、などと言えなくもないですが、キャラ立ちはしてるです。
で、これを今度のシナリオにパクるです!<おい^^;

あとフレッツで我が青春のアルカディア ハーロックをやってますです。
第一話は松本先生でつまんないんですが^^;二話目以降はちゃんとしたライターが書いてて面白いです。
よーく考えると、海賊物・・・大航海時代・・・敵が正義…ってな部分で言えば、ワンピースと同じですな。
つーかワンピースはそこにルフィの「明るさ」という、独自のキャラクタを作った点でオリジナリティになったんだ!と思うわけで。


〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ〉(7)宇宙海賊キャプテンハーロック


雪は白い

さて、シナリオ、12月の分がどうにか上がったので、次は1月!
本当は1週間に1本のペースで書かねばならぬのに!月一になってる俺って!

まぁ、仕方ないなぁ^^;ともかく書き続けねば!ってことで、今度は雪!
んで、使い回してきてるキャラクタで書こうかしら!と思ってる。んでテーマ曲は『想い出がいっぱい』ってことで。









想い出がいっぱい~the 21st century~


Music

想い出がいっぱい~the 21st century~


アーティスト:H2O

販売元:ユニバーサル・シグマ

発売日:2003/10/29

Amazon.co.jpで詳細を確認する

おお!この間、ご無沙汰してる皆々様へ新年の挨拶等をしなくては!
とか言いつつ、この日月で、書き進めれたら!と思ってる。

2006年12月13日 (水)

ドラマはキャラだ

昨日アレだけ苦労して、ノって、疲れて、楽しんで、構成・・・箱書きしたのに、全然筆が進まん。

なぜかって?そりゃやっぱり、ストーリーばかり考えて、ちっともキャラクタが描けてないからでしょうな。
ああして、こうして、こうなって、ってのを考えはしたが、じゃあそれを演じるのは、ただの木偶人間?
違うよね。そいつのポリシーは何?大切にしてるものは何?どうなりたいの?なにはしたくないの?
そういった、いわゆる『キャラクタ』が描けてない、作られてないからこそ、まだまだストーリーの段階で、ドラマになってない訳で。

ってことで、本日は書こうとして、書けずに、

   ああ、葛藤、書けてないからだ。 いやいや根本にキャラクタ書けてないからだ。
と気付いた。 

ちなみに一太郎2007発表
うーむ^^;あんまり、のらないなぁ。つーか、俺、使いこなせないと思う。
atok2007も、必要なのかなぁ~??^^;

2006年12月12日 (火)

構成を立てよう!

今回、なぜかちゃんと箱を書けてる。すると、うまく、いっている。今のところ。いやぁよかつた。

とか言いつつ、本当は水曜日に提出したいんだけど、、出来るんだろうか?^^;

ともかくも、書けると気持ちいい。

あと、ココのサイト、垂乳根が読んでいるが、携帯(携帯からアクセス中)でリロード出来ずに、結果、冬の恋は読んでない。ホッと一安心だ^^;

2006年12月 5日 (火)

次は男の涙などを

ところでクライマックスから書いていくというのは、けっして「ダメ」ではない。
ちゃんとクライマックス…自分がやりたいもの…が明確にされるからだ。

そこから逆算をして構成をすれば良いわけで。

さて、次作は、その方法で行くのかな?

書き上がった。今回はダメ。だけど次への課題が明確になった。

どうにかシナリオが書けた。今回は、ある意味でダメだ。あまりにも「終わらせる」ことに腐心してる。それは「クライマックス」を考えてなかったからだ。

実は「クライマックス」を考えてない!ってのは、決して、完全にダメなものではない。
予想してクライマックスを書くと、どうしても予定調和になる。それよりも葛藤、葛藤対立対立!を続けていった果てに…ってな、作者もどうなるか分からない!って書き方もある。
この場合、作者が安易に妥協しなくて、とことん、自身の中の「おもしろさ」ってものを信じることができれば、良い作品が生まれたりする。

が、一方で妥協してしまうと、いったい、なにを書きたいのか?となる。

ではクライマックスを最初に考えて、ってのはどうか。そっちの方が良いんだろうなぁ。逆算して、どうしたら「クライマックス」にいけるか、より劇的になるか、という、逆算から作っていけるので。
しかし、それだと「勝手に生き始める」って部分は、どうなるんだろう?
私の場合、キャラが勝手に動き出すんですけど。動き出したら、、^^;(動かないときもあるがね)

しかし、ホント、シナリオってのは面白いね。言い趣味だなぁ^^;我ながら。

2006年12月 4日 (月)

書き上げられず

きついものである。シナリオを書くってのは。いや、才能がある人はすらすらとかけるんだしょうけどね^^;
で、さらに可笑しいのは、書いてる途中、方向は分かっているが、完全には着地点を分かってない!ってこと。だから、どっちに行くかわからない。どうなるか分からない。これが大変。

だから、絶対必ず、途中で行き詰まる。そして、悩みまくる。あうあふと。

そして投げないと、どうにか答えが出る。その答えが・・・なんなんだよ!^^;有り体の答えなんだな。
なんで有り体の答えを出すのに、あんなに苦しんで頭使って、ひぃ~ひぃ~言って、苦しまなくてはいけないんだろう。

有り体ならば、もちっとするっと出ればいいのにね^^;
まぁ、そこ辺りが、私の今現在の創作のレベルではあるんですがね。

でもまぁ、苦しいんだけど、楽しいんだなぁ^^;形無きものをあぶり出していくってのは。

2006年8月10日 (木)

あたしが実写版 めぞん一刻が好きなのは

そうたいして日本映画を見てるわけではないですが、私が実写版 めぞん一刻 を好きな理由は、それがセックス映画として、非常に力強い映画になってるからです。
つってセックスシーンがバシバシ出る!ってわけでなく、セックスってのは、どういうもんだなぁ~って部分が、えらくよく描かれてて、そのあたり、男と女、そして生きてくってのは、どういうことかなぁ~ってのが描かれてる、セックスをモチーフに、、。ってのが素晴らしいなぁと思ってる次第です。

だからこれ、めぞんでなくても良いんですけどね。キャラ配置だけ借りてるだけですから。

より以前の記事一覧

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ