« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月23日 (土)

覚え書き

とりあえず覚え書き
ずっと出そうと思っていたメールを出した。週末にならないと腰を落ち着けられない、この習性は、いかがなものか。

2009年5月22日 (金)

毛皮のマリー

昨日は「毛皮のマリー」に行って来ました。

2009年5月20日 (水)

ってことで、体調が悪い!ってのを言い訳に、この3日、喰いまくった。

月曜日!はおでん屋さん

R0016943
ヱビスビールとおでん

の次になすの天ぷら


R0016949


に、ゴーヤキムチ。最後に割り入れる卵が半熟とろとろで、うまいっす。

R0016957

火曜日は、中華屋さん。
ここの店主は、若いけどめっさ職人な方。限定の、その名も「定食」ってなのがあって、その日にある材料で中華フルコースを作る。これがめっさうまいが、、この日はすでに売り切れ。ラーメンにする。


R0016960

しかし困ったことに、この店主、なんか浮世離れしてて「いやぁ~定食は売れないから、いくいくはラーメン屋にしたいんですよねぇ」なんて、言ってる。
まってくれ!千円で本格中華を喰わせる店って、そうそうないんだぜ!

そんで水曜日は、地元のカレーショップ。ランプ型のルーの入れ物が良いね。
インデアンカレーとは違って、欧風系家庭系カレーを極めた味です。


R0016969

ん?これ喰った後だね。

ともあれ、げんきになりますたよー!! ^^

あまみとからみは表裏一体

ぐお!ほんとうだ!インディアンでなくインデアンなんだ!!!

そうです。ラセさん、あのインデアンカレーです。
たしかラセさんと行ったときは、町中だったから、どのみせなんでしょう?

現在、私は梅田三番街のインデアンです。(乱土さんに最初に教えてもらった)

さて、この店、メニューは カレー と ハヤシライス だけですが、一応、メニューには
大盛り とか 卵入り とか書いてあります。

でも、その他にも ビールやコーラのサイドメニューもあります。が更に、、他にもいろいろとメニューに載ってないバリエーションが・・・ 大盛り ルーのみ とか 卵 も全卵 2個入れ 等々

で、最初にお金を払って、メニュータグをもらうのですが、そのときの注文によって「一見さん」か、常連か分かります。
一見さんは「えーっと、インデアンカレーを一つ…え?ごはん…大盛りで…ん?ピクルス…普通」
とか言いますが、
一応、常連になると
「レギュラー(標準カレーのこと)、ルー大盛り、卵入り」などと言います。

しかしインデアンカレー、ホント不思議なんですよね。最初の一口が…甘い!甘いんです!

ふーん!と思ってたら、後頭部からキューン!と辛みが!スパイシー!え?でも、甘い?辛い?
スパイシー!!?

気づくと、ハフハフしながら、スプーンが止まらない!
お皿がキレイになったとき、プハーっていう一息とともに、首筋にサッパリと名残汗が浮かんでて… な、なんだったんだ?今の??って。

そんなミラクルな体験なんすが、ついつい「このうまみは何なんだ?」と探求してしまいたくなり…
ルー大盛り!とか頼むんです。更には「ルーダブル!」なんていう、大盛りルー以上のメニューもあったりして。

そうやって毎度日夜、ルーを研究するんですが、ある日、ふと気づくんです。
「あれ?もっと『甘かった』はずだぞ!もっと「旨み」があったはずだぞ!」と。あの記憶は幻か?
研究を進めてるのに、今、なぜ、あの味が幻となったんだ?どこに行ったんだ?あの甘味を超えて辛みの極地は?

で、ある日、分からなくなって、頼むです。「レギュラーたまご」って。

と、今まで、ルーばかりに目がいってたけど、実はレギュラー(普通盛り)こそが、米飯(べいはん)とルーとのベストバランス!
ご飯があるから、甘味を感じ、ルーが米飯に”絡む”からこそ、”からみ”が引き立ち、あの旨さが生まれるんだと!

うーみゅ!奥が深いぜ!インディアンカレー!
いや、インデアンカレー!^^;


Dsc05603

2009年5月18日 (月)

感染するなら今

土曜日午前には「ついに日本初の!」とか言ってたら、あっという間に140人ちかくになったぞ。

最初は高校生たちばっかだったから「おいおい、これって、あぶない遊びのご関係が一網打尽?」なんてアホなことを考えてたが、どうも、その比じゃないね。

なんかマスクは品切れになってるらしいし、、。
しかし、どうも、弱毒性みたいだし、60過ぎた人には、あまり、うつらないような。
どうも、昔に流行ったんでないか?

それならばだ、まだ弱毒性の今こそ、積極的に、感染して、んで抗体を作った方がよくなくない?
秋になって、強毒性になってから、かかったら、それこそ、たいへんなんでわ?

と思ってしまう也。

どうなんでしょうね。ともかく手洗いですわね。

 マスクはどうも、予防にはならんらしいし。

まいふぇいばりっとそうるふーど

ずる休みなり~

土日と、休みであったにもかかわらず、なんか、調子が悪い。どうも、おかしい。
(ってか、おすっこにも若干、血が混じってた^^; あ”オラの場合、疲れてると、すぐにそうなる。マイ「体調バロメーター」のひとつ)
あと、首が痛い、感じ。

なんで、ずる休みを半日した。
午後より出社。半日仕事。そんで帰りに、近所のおでん屋さんへ。
ウィークデーは基本、酒は飲まないが、飲む。んで、おでんとなすび天ぷらとゴーヤキムチ。

なんつーか、元気になった。ちょっとばかり。

僕には「これ食べたら元気になれる」ってのがなんこかあって、ひとつは、近所のおでん屋。
ひとつは職場近くの中華屋、んでもうひとつが梅田のインディアンカレーである。

インディアンカレーは、近々、木曜日にたべれそうで、ああ、これで元気になる気がしてきた。

2009年5月14日 (木)

復活 万年筆

かなり前に、お世話になっていた方に、パーカーの万年筆を頂いていた。
頂いた当初は使っていたが(付属のカートリッジで)途中でインクが出なくなって(カートリッジにはまだインクがある状態)
『げ!壊しちゃった!』と思い、そのまま、そっとしておいた。

で、近頃 「ほったらかしも良くない」と思い、あとまた、近頃、行きつけの文房具屋さんも出来たので、ともかく見てもらおうと思い、持ってった。

すると、どうやら「インク詰まり」らしい。で、その解決法は?

コップに水をくみ、そこへペン先全部をどぶんと入れておく…んで、水道で洗い流す!と。

ともかく、そうやって、それでもインクが出なかったら、修理に出せばいいかと思い、ついでにカートリッジを買って、家でやってみた。

と、つけるやいなや、ブクッとインクがあふれ出す。ほへぇ~と思い、小一時間ほどつけっぱなし、あとは流水で洗った。

んでカートリッジをつけたら・・・

 やっぱりインクが出ない。
けど、書いてみたり・・・
インクが出ない状態で、書きすぎるとペン先が壊れるかな?と思ってたら・・・なんとなく、うっすーい感じで出てきた。
と、、、

あら復活。ほぉ~良かった。^^

嬉しくなった。

追記
んで、刺さっていたカートリッジが、なぜか「フランス・パーカー」と。
パーカーってアメリカ産だし、一時はイギリスに本社があったけど、フランス・パーカーって??と、文房具屋さんも言ってた。
うーみゅ、その後、ネットで調べるも、そういう種類はあったらしいが、、なかなか貴重なモノだったのかな?

ともかく、使えるようになって、せっかく頂いたものだったんで、ほっとした。

2009年5月13日 (水)

その男はラマンチャの男

日曜日は「その男」を新歌舞伎座に行ってきました。
金曜日の「ラマンチャ」、日曜日の「その男」
両極のような作品でしたが、それを少しずつ、かみ締めていきたいと思ってます。

といいつつ、早くしないと、あのとき、たしかにめっちゃ感動した…思いが、もう今日には消え去ろうとしてる。
人の心に生まれる「感動」ってなぁホント、あっという間に、消えていきますな。降る雪を手で持ち続けることができないように。

でも、それでも、消え去ってくが、それでも、その刹那だけでも感動をさせるなんて、すごいなぁと、真摯に感じ入るのでありますが。

2009年5月11日 (月)

気合いだ~!か? 言われなくても、気合いが出てくるもんだ

不思議なもので、金曜日は風邪引き(寝冷えです。けっしてブーブーインフルエンザ
ではありません)だった。
そういうこともあり、若干、体調も悪かった。仕事中も眠かったり、だから、仕事にも余裕が無くて、ちょっとそこ当たりは反省。へにょーん。
で、午前中の仕事を終え、退社。(5月連休中、出勤してたので、その代休)

ラマンチャの男を見ました。
いやはや、見る前は体がだるいか?今日は観劇前の酒は止めとこうか?とか思いましたが、やっぱり飲んじゃって。
んで、見始めると、もう、興奮!つーか飲み込まれて!芝居に!
最後はスタンディングオベーション!! 気づくと、風邪ってこと、吹っ飛んでた。

すごいですね。人を感動させる「劇」の力って。

ってことで、今日くらいから、数日間にわたって、うだうだと、ラマンチャのことを語ろうかな?と思って見たりして。

2009年5月 8日 (金)

愛し合ってるぜ!

5月には、毎年、訃報を聞く。
いや、人は毎日、どこかで生まれ、だれかが死んでいく。
しかしそれが、少しでも自分と関わり…まではいかずとも、心、動かされた人の死であるならば、なおさらだ。

そして今年は忌野清志郎の訃報だった。
世代的には、RCサクセションではない。
中学の終わりの頃、世間で急に「CD発売中止」が騒がれたとき「ああ、『いけないルージュマジック』の人だ」と思ったくらい。

それがカヴァーズ
カバーズ(紙ジャケット仕様)

だった。
その後、さらにとばかりのタイマーズ。
 ザ・タイマーズ

いっぱしの「世間をすねた少年」にとっては、心の奥底を代弁してくれる、希有な存在だった。

しかし、忌野清志郎の凄さはそこからだ。
タイマーズ、カヴァーズで「社会」ってものに気づいた少年を、さっさとほっぽり出して、彼は子供が出来、そして、おとうさんになった。

置いてけぼりをくらった青臭い少年は、彼を恨んだ。
しかし、その怨みのそこに、彼のしなやかさをうらやむ心があった。
清志郎は、そんな、軽やかな、しなやかな人だった。

なおかつ、すでに過ぎ去ったと思ってたタイマーズが、ある日、ひょっこりと復活してたりした。
こっちはすっかり、世間…ってか、社会に、一応は、すれっからされ、あの頃の「怒り」なんて、忘れてたのに。
(しかも、メジャー版とともにインディーズ版も出してしまう始末。インディーズ版なんて、今だと32万にも値がついている)

 復活 ザ・タイマーズ 復活 ザ・タイマーズ
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

こっちがインディーズ版のタイマーズ

そんな清志郎が、死んだ。

癌という話を聞いたとき、それはすでに「この日が来る」とは感じていた。
だから「悲しい」とか「惜しい」とかは思わない。
しかし、無くなった今、自分にとっての清志郎の大きさを実感してしまう。

さて、では清志郎といえば、、曲はなんだ?と。
雨上がり…

もいいし、シングルマン

シングル・マンMusicシングル・マン


アーティスト:RCサクセション

販売元:USMジャパン

発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もいいんだが、、なんとなく、清志郎らしいといえば、この曲だったりする。
って、オリジナルじゃないね^^;やっぱカヴァーズから入ったからかなぁ。

とかいいつつ、あともう一曲。
名盤 シングルマンより スロー・バラード

ありがとう、清志郎。

2009年5月 6日 (水)

それでも過ぎてく日

実は普通に忙しい毎日を送っている。ずっと。ありがたいことですね。
で、なんでブログを更新しないかと言えば、、面倒くさいから^^;
だから、ふと思ったことを思いついた時に、まぁ書けばいいのか。

で、5月頭は土日も仕事だったので、GWに入ったのは月曜日から。
3日間もある~と思ってたが、あっという間に終わりそう。

で、ついつい日頃はテレビ見ないが、時間があると見てしまう。で、おっさんになってきてるから、ついついNHKのドキュメンタリーものをみてたら…
リーマンショックを題材にしたNHKスペシャルがあってた。
(その前に「ハゲタカ」を見てた)

んで、借金であるはずの債券を商品にして…ってのは80年代から始まったのね。ほへぇ~、かなり直近やん。そんで90年代バブルで21世紀の10年で、一応の終演を向かえるのか。
たった30年間か。つーか、ちょうどオラが物心ついてからなんだねぇ。
なんか、刻の涙を感じます

これまで「物を生み出さない=モノヅクリ」しないと言われてきた証券会社が、ある日、債券という名の借用書をいっぱい購入し、シャッフル組み合わせて、「商品」として創り出す。それを売り出す。

さっきまで「モノヅクリでない…実体経済じゃない」って言われてた金融がついに「モノ」を創り出した瞬間、この破綻は始まったんだねぇ。

そう思いつつ、ふと日曜日のあのアニメの冒頭ナレーションを思い出した。
『錬金術は物質を理解・分解・再構築する科学なり されど万能の技にはあらず 無から有を生ずることあたわず 何かを得ようと欲すれば、必ず同等の対価を支払うものなり これすなわち錬金術の基本 等価交換なり』…家弓さんの声がしびれます。

結局、無から有を生み出したつもりが、実は実体経済を食い尽くし、さらに実体経済をストローにして、その奥の…モノまで消費してしまったのか。そこには厳然と等価交換が作用してたんですなぁ~。と思ってしまった。

さて、この傷はいつになったら、新しい膿としてはき出されるのか。
ちょうど100年前辺りは、、これもやはりNHKスペシャルでやってた。
100年前は、世界戦争と言う名の最大の経済行為に傾いていくんですよね。
21世紀は、どちらに向かうのか。

…と思いつつ、考える。このような情勢に行きそうになったとき、一個人は、なにが出来るんだろね?と。
更に言えば、そう簡単に「憲法かいせい絶対…」とも言い切れない。
いや、反対の部分もあるし、賛成の部分もあるしね。
ともかく、そんなふうに思った。
今の仕事には、あまり影響がないのかもしれないが。
いや、3年後の法改正(介護保険見直し)では、かなり大変なんだけどね^^;

« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ