« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

すぐさま

夏の疲れか、遊び疲れか(こっちだな)ちと風邪気味。肩のの痛さもちと倍増。
ってことで、月末月初に忙しくなることもあり、ここらでひとつ休んでおこうと本日半ドンで帰ってきました。
(ちなみに半ドンってドンタークから来てるらしいよ)

で、今、ブログ見てみたら、なんだ先週末も腹が痛くなってたのね。
やっぱり歳かな。夏の疲れかな。そんな感じ。

ありゃ~昨日からシナリオ書き出したのに、こんな理由で本日、書けなかったよ。

2008年8月25日 (月)

ふぁ

なんかグダグダな状態のブログですな。
すみませぬ。
今週は後半から、いろいろとありまして(芝居を立て続けに見に行ったこと)

いずれ、メモ程度には書こうと思ってますが

2008年8月24日 (日)

たのし

なんか久々にドキドキしてきた

あの世とこの世の境の場所へ

境の

化け野 あだしの へ

土曜に日曜 フラガール

土曜日に「偽りの日曜日」に行き、日曜はフラガール

2008年8月22日 (金)

腹痛

なんか今夜から腹痛

こんな時間まで起きてるし

やだなぁ
朝、起きたら治ってますやうに〜

五右衛門

明日は横尾五右衛門な予定。

残念!

先週末はお盆仕事で疲れてて映画プチオフいけんかった~!今更ながらに残念。
スカイクロラは見たいなぁ~と思ってます。あとダークナイト。若干、20世紀少年にも惹かれてはいるのですが。

今年は第三東京市に「破」壊的な夏が来なくて、こちらも、ちと残念。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 特装版


2008年8月21日 (木)

シスター

ホント

『朝晩、急にめっきりと』

涼しくなってきた。

余りに予定調和すぎて、そら恐ろしいくらい

2008年8月18日 (月)

たび

なぜかしら、無性に、旅に出てみたくなってる。
6月以来、毎日を、日々を、淡々と刻んできたためかしら

寺山修司が言うには

人には「歴史型」と「地理型」がある。歴史型は一カ所に定住して、反復と積み重ねの中で生を検証し、地理型は拠点を変えながら出会いの度数をふやしてゆくことによって生を検証していくのであった

これを先に読んでたから、旅がしたくなったのか
それとも

思い起こせば、毎年、この季節は田舎に逃げ帰っていた。
しかし、今年はしていない。
京都が「逃げたい」場所から、住んでいく、暮らしていく、場所になったのか?
と問われると

違う、未だに、よその家に居候してる居心地の悪さ を実感してる。

それでも、なぜ、では、田舎に逃げ帰らないのか。いっときだけでも。

それは、もしかしたら、田舎さえも、逃げ帰る、、場所ではなくなった、、のかもしれない。

今、私の中では、田舎は『全幅の安心を与えてくれる』ものでは、無くなったようだ。

それって田舎を卒業したのか

 なにかしら、田舎に変わる、新しい、、安らぎの場所を欲してるのか。

なんだろね。 ともかく、、 、、

続きを読む "たび" »

08年の夏

なんてか、本日は、そんなに暑くなかった。しかも夕刻には、少し風が涼しい…秋みたいな感じもした。
なんでだろう?去年は恐ろしく暑かったが、今年は猛暑日と言いつつも、去年ほどでない感じが。

毎日、空を見て雲の写真をとってると、ついつい空を見上げる回数が増える。
なんてか、いかにも『夏』ってな空が見れない。入道雲は見えず、代わりに黒い雲が。

なんか、違うなぁ。夏は終わっていくのかな。
ともかく、今週は、盆で、仕事的には忙しくないはずだが、突発的なことが多く起きて、しかも、関係ないけど、世間は休みってのが、みょうに影響して、、、疲れた。ふへ~

来週から通常日常だなぁ

2008年8月16日 (土)

つーなぃ♪とぅ〜なぃ

初めて劇団四季に行った。

ウエストサイド物語

2008年8月10日 (日)

平常営業

市井ではお盆らしいが、私は普通に平常営業。
ってか、ヘルパーさんがお盆休みをドカスカ取るので、それのフォローで職場は忙しくなり、結果あちきも忙しくなる。

だって、盆だからって、介護の必要なじじばばは、休んでくれずに、やっぱ介護が必要な訳で

誰か行かねば、飯も食えず糞もできず、寝返りさえもうてなくて、じょくそうになるわけで

てことでいつもより忙しかろう

日本のお年寄りの現状ですわ

神出鬼没

夏空を撮っていると、ついつい、空を見上げる。今までは何げない「そら」だったのが、撮る気でいつも見てしまう。

と、いろいろと気づく。

 あの7月末の集中豪雨以降、どうもカラッと空が晴れない。薄雲が覆ってたり、一方では黒々とした雲がかなり近い距離でぽっかり浮かんでたり。
更に不思議なのは、東は晴れてて、西は薄曇りで、南は黒雲、んで北は入道…みたいな・・・ 変だ。

で、昨日くらいからやっと、それらしくスカッと晴れて、雲がメキメキと浮かんでる。やっぱりこうでなくちゃなぁ~とか思いつつ。

続きを読む "神出鬼没" »

2008年8月 8日 (金)

道元の冒険

井上ひさし作
蜷川演出の『道元の冒険』をみる
Sn381280


2008年8月 4日 (月)

これでいいのだ!

赤塚さんがお亡くなりになった。

だが、ショックはすでに1月の段階で「赤塚不二夫はどーなった?」を書いた後、赤塚さんが植物状態で数年を過ごしてある、ってのを知った段階で、受けていた。

だから、今回の訃報はショックと言うより、ある意味、ホッとした。やっと解放されたのかと。

赤塚先生に対しては、大きな思い入れがあるという感覚はない。石ノ森先生は、小さな頃から大看板で意識した存在だったが。
それはたぶん、僕が70年代初頭の生まれであり、微妙に赤塚全盛時代とはずれているからだろう。
しかし、再放送ではあるが、天才も元祖も見ていた。いまだに元祖のエピソードでひっかかりとして残っている物がある。

その後、90年代に入ってか、おそ松くんやバカボンが新作として放送された。おそ松くんの後期は、だいぶぶっ飛んで、好き勝手に作ってた印象があるが。
しかし、その頃の赤塚先生は、すでにタモリを世に出し、あとは酒を飲んでの余生って感じだった。

といいつつ、最後まで原稿は描いてあったらしい。今後、赤塚先生の晩年のことをドキュメントなどで明らかにされていくのだろうが、最後まで、どう闘ってあったのか・・・見届けたいと思っている。

まぁ、とにかく「これでいいのだ!」

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ