« 王将会談 | トップページ | 第二章へのプロローグ »

2008年4月19日 (土)

詩人

詩 4月19日 2008/04/19 21:43

メモ引用

人は
辛いこと 悲しいこと
を抱えた時

詩人になる

伝えたいから

そして
話すことで
放すことも出来る

ちょうど切通理作氏の「文庫版 怪獣使いと少年」を読んでたせいもあって、市川森一氏の言葉なぞを思い浮かべつつ、書いてみた。
そうだよな。この1年ほどシナリオ書けてなかった。それってやっぱり「テクニック」に悩んでたところもあるが「伝えたい物」を、思い描けてなかった、からだと思った。
このような経験が出来て、良かったな。と素直に思った。

そしてまずは、この経験を「文章」にしてみようと、ブログを書き始める。

« 王将会談 | トップページ | 第二章へのプロローグ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92347/21720062

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人:

« 王将会談 | トップページ | 第二章へのプロローグ »

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ