« 狙いはimac | トップページ | わたし、えいご、わかりませーん! »

2006年11月 5日 (日)

見たもの
イデオン接触編
めっさ久々にイデオンを見る。バンダイチャンネルにて。
今はいいねぇ~ネットで見れるから。わざわざレンタルビデオ屋行かんでも良いし^^;
実はちまたで噂?の「ガンダムDVD」も購入を中止。だってバンダイチャンネルで見れるんだもーん!
そんなに高画質で見なくても良いし^^;

ってことでちょい感想。

地球人とバッフ・クランの接触なんすが、カララの突拍子もない行動(異星人との無遠慮な接触)が、更なる展開を産み・・・(兵士の勝手な攻撃・・・カララを助けるため・・・でも現場はああだよねぇ)って流れが上手いですな。
ポイントは当初、バッフ・クランは『接触は避ける』方針だったのに、結果的には戦闘状態になるという・・・そんでイデオンとソロシップは動きだし、カララも一緒に船内に。

そのカララを殺そうとするのが一般市民のバンダ・ロッタ15歳。
このカララとロッタのシーンが良いです。毅然としたカララ、一方のロッタの生来の育ちの良さも見えて。

そんで次はシェリルさんの脱走シーン。
最後にはカララが全ての罪を被るわけですが、その後のシェリルさんの個室でのシーンが上手い。悔しがる訳で。

で、全編にわたってカララという清楚なキャラが立ってて。しかも品があるんだよなぁ~
小さい頃はカララの良さって分からんかったが、今見ると良いね^^;
あと、バッフ・クラン側は全体的に貴族的で。これはソロシップ側の下世話な感じとは対照的なわけで。

そういう意味でも『異文化の衝突・接触』という部分が描けてるんでしょうな。

いやはや、ちゃんと「人間」ってな部分を描いてる富野さんは、やっぱすげぇや!と思う次第でして。^^;

あとフレッツで「ボルテスV」見ましたが、これもコンテ・演出 「とみの」さんなんだね^^;

« 狙いはimac | トップページ | わたし、えいご、わかりませーん! »

「エンタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/92347/4069198

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 狙いはimac | トップページ | わたし、えいご、わかりませーん! »

つぶやきとパシャリ

  • ついったー
  • ふりっかー
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from hebonjin. Make your own badge here.

かんげき!

  • かんげき!
    みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ